社内SEへの転職はやりがいを見出しやすい

情報システムも開発現場を見てみると、市場が成熟するにつれ、仕事の分業化や細分化が進みました。このため、狭く深く業務を担当できる判明、ユーザーと対面してどのような評価が出ているのかがなかなかわかりにくくなってきています。これはIT業界に限ったことではなく、仕事の効率性を追求するとこのような壁にぶち当たってしまいます。

 

しかし社内SEの場合、自分が勤めている企業のシステム開発や運用に携わります。このため、自分のシステムのユーザーの評価がダイレクトに耳にできる環境の中で仕事ができるわけです。作成したシステムの満足度はどうか、どのような所に不満やクレームが出ているのかがよくわかります。

 

自分が提供した作品に対する評価を体感できるところにやりがいを感じている人は多いです。そしてこの評価が社内SEという仕事へのモチベーションとなっているケースも非常に多いです。

 

また責任感を感じやすい所にやりがいを見いだしている社内SEも多いです。たとえば、会社の経営方針や事業戦力を反映できるシステム戦略の提言や企画作りを任される社内SEもいます。自分の企画によって、会社全体の今後の経営に大きな影響をもたらす可能性も十分あるわけです。責任が大きいものの、仕事に対するモチベーションを高い状態で維持できるとも言えます。

 

その他には社内SEの場合、最初から最後までシステム開発全般に関われるところも大きいです。分業化しているとなかなか感じにくい、システム開発を終えたときの達成感や充実感を味わえます。この部分も社内SEならではのやりがいといえます。