社内SEへの転職が人気の理由とは?

事業会社の情報システム部門で、自社システムの導入や運用、ITの従業員のサポートなどを担当するのが社内SEです。顧客にシステムを提供するエンジニアから社内SEへの転職を希望する人が多いです。社内SEが人気の理由は、企業側とエンジニア側双方にあります。

 

企業側のニーズが高まっていることが、社内SEの募集を増やしている要因といえます。世界的な不況がひと段落して、景気が徐々に回復している中、企業でシステム投資の動きが盛んです。これまでは外部のIT企業などに発注していたところが多かったです。

 

しかし新しいシステムを使うにあたっての従業員へのサポート、顧客と対応するにあたっての社員へのレクチャーなどをするためには社内SEのいた方が効率的といえます。またシステムトラブルが発生した場合でも、社内SEがいれば迅速に対応してくれます。

 

エンジニア側にとって人気の理由として、仕事に対するモチベーションが大きいといわれています。外部から受注を受けてシステム開発をする場合、どうしても従事者の立場で業務をします。しかし社内SEの場合、主体者として業務に関われるのでやりがいが違うと感じている人は多いです。

 

またIT企業のエンジニアとして仕事をする場合、労働条件の劣悪さが時折問題になります。長時間労働や徹夜の業務などで、くたくたであるとい人も多いです。ところが特に大手の企業に社内SEとして仕事ができれば、福利厚生のきちんとした環境の中で仕事ができます。このため、安心して仕事に専念できるので社内SEへのキャリアチェンジを検討する人も多いわけです。