転職ではなく独立して社内SEになるためには

社内SEというと実際には会社に所属して、エンジニアとして仕事をします。しかし中には独立してエンジニアの仕事をしている人もいます。得意先からシステム開発やシステム運用の仕事を受注して、納品する業務です。

 

独立して仕事をするとなると、すべて自己責任となります。仕事を取ってくるのも自分ですし、発注を受けてその業者と長いお付き合いができるかどうかも自分次第です。そして仕事を頑張れば頑張るほど、それが報酬として返ってきます。

 

また会社の指示を受けて仕事をしなくてもいいので、自分のペースで仕事ができます。プライベートの時間をある程度確保して仕事をするというスタイルもとれます。趣味に没頭できるような時間を確保したい人は、独立してしまうのも方法です。ただし仕事をしなければ、収入も少なくなるのは覚悟しておかないといけません。

 

独立して社内SEになる場合、別に高い技術力は要求されないと思ってください。むしろ独立して成功できるかどうかは、営業力にかかっているといえます。いかにして仕事を定期的に持ってきてくれる得意先を確保するか、この能力を持っていないとなかなか独立した社内SEとして活動するのは難しいです。
また経営能力も重要なポイントになります。独立社内SEとして成功するためには、とにかく複数の常時仕事をくれる得意先を見つけることです。

 

もし一つの得意先しか確保していなかった場合、その得意先の仕事がなくなってしまうと収入もゼロに近くなってしまいます。ところが複数の得意先を確保していれば、どこかの仕事がストップしたとしても決定的な収入減を避けられます。いかに安定した収入手段を確保できるかが、独立社内SEになるためのポイントです。