社内SEへの転職を考えているならデメリットにも目を向けよう

社内SEはやりがいがある反面、デメリットというか悩みを抱えるケースも少なくありません。その中でも多くの社内SEの抱えるジレンマとして以下の2つのポイントが挙げられます。

 

まずはテクニカル的な問題です。社内SEのシステムを見てみると、監督者や責任者のポジションで仕事をすることが多いです。そして実際にプログラミングなどの手を動かすのは協力会社のスタッフであることが多いです。このため、例えばプログラミンのスキルを高めたいけれども、自分ですることがないので意味がなかったという感想を持つ人もいます。

 

そして社内SEのデメリットとしてもう一つ頭の中に入れておかないといけないのは、周りがITの専門家ではないという点です。素人の中には、エンジニアに対して大きな誤解をしている人も多いです。その中でも問題なのは、システムやコンピューターに関することは何でも知っているという誤解です。
このため、何かシステムでトラブルが起きた場合、社内SEに頼めば何でも解決してくれると思っている人もかなり多いのです。特に中小企業くらいの経営規模の会社の中には、社内SEのことを何でも屋のようなポジションと認識している人も多いです。

 

中には社内SEとして採用されたけれども、いつの間にか総務や庶務業務がメインとなってしまって、自分が思っていたような業務がほとんど回ってこなくなってしまったという悩みを抱えている人もいます。このようなデメリットの発生しないように、事前に会社と話し合っておくべきです。
自分が思っている社内SE像と会社の求める社内SE像がずれているケースで、上で紹介したジレンマが起こりやすいです。ですからずれの修正を事前に行うことで、悩みを抱えづらい環境を作る必要があります。