残業なしの社内SEへの転職を考えているなら転職エージェントを上手に活用しよう

エンジニアの仕事はやりがいがある反面、大変な所もあるとよく言われます。その中でも大きいのは、とにかく仕事がハードな所です。クライアント先に常勤してエンジニアの仕事をしている人を見てみると、月の残業時間が100時間を超えるといわれるほどです。

 

また情報システム業務の委託を受けている場合、納期は厳守しないといけない所が多いです。しかもトラブルが発生するとその分仕事も上乗せされる形になってしまうので、かなり多忙を極めることもあるようです。中には繁忙期には何日も徹夜が続くというケースもあるといいます。もちろんこのようなことにならないように計画を立てて行っているのですが、突発的にトラブルの起きる可能性が高いので残業も厳しくなるわけです。

 

社内SEもエンジニアの一種なので、残業続きのハードな職業ではないかと思っている人もいるでしょう。しかし一般的なエンジニアと比較すると、残業は決して多くはありません。中には残業は原則としてなしとしている社内SEの求人もあるほどです。

 

エンジニアの場合、会社に派遣されて仕事をします。しかし社内SEの場合、会社の一員、すなわち身内として仕事をするので就業規則なども適用され、守られた環境の中で仕事ができます。時には長時間労働も納期に間に合わせるために出てきます。しかし、社員の負担を考えて長時間労働が起きたとしても長期間続かないようにするための配慮がなされています。

 

もし原則として残業のない社内SEを探しているのであれば、転職エージェントを利用すべきです。キャリアコンサルタントは実際に会社に足を運んで、担当者の話を聞いています。このため、実際にはどのくらいの残業が発生するのかなどの情報を知っている可能性が高いです。

社内SEは残業なしの求人もあり!転職エージェント活用で情報を得よう記事一覧

社内SEへの転職にもデメリットや悩みが!

社内SEはやりがいがある反面、デメリットというか悩みを抱えるケースも少なくありません。その中でも多くの社内SEの抱えるジレンマとして以下の2つのポイントが挙げられます。まずはテクニカル的な問題です。社内SEのシステムを見てみると、監督者や責任者のポジションで仕事をすることが多いです。そして実際にプロ...

≫続きを読む

 

独立社内SEへ転職するためには技術力は必要ない?

社内SEというと実際には会社に所属して、エンジニアとして仕事をします。しかし中には独立してエンジニアの仕事をしている人もいます。得意先からシステム開発やシステム運用の仕事を受注して、納品する業務です。独立して仕事をするとなると、すべて自己責任となります。仕事を取ってくるのも自分ですし、発注を受けてそ...

≫続きを読む

 

社内SEへの転職が人気の理由を企業とエンジニア双方から考える

事業会社の情報システム部門で、自社システムの導入や運用、ITの従業員のサポートなどを担当するのが社内SEです。顧客にシステムを提供するエンジニアから社内SEへの転職を希望する人が多いです。社内SEが人気の理由は、企業側とエンジニア側双方にあります。企業側のニーズが高まっていることが、社内SEの募集を...

≫続きを読む

 

どこにやりがいを見出して社内SEへ転職をするのか?

情報システムも開発現場を見てみると、市場が成熟するにつれ、仕事の分業化や細分化が進みました。このため、狭く深く業務を担当できる判明、ユーザーと対面してどのような評価が出ているのかがなかなかわかりにくくなってきています。これはIT業界に限ったことではなく、仕事の効率性を追求するとこのような壁にぶち当た...

≫続きを読む