社内SEに転職するための3つのポイントって何?

フリーターといえば定職に就かずにアルバイトなどをしながらブラブラして暮らしている怠惰な人という印象があります。そんなフリーターが正社員になって働くということは夢物語なのでしょうか。これについては実際には決して不可能なことではないのです。フリーターの人の転職ではフリーターという立場に卑屈にならずむしろ自信を持って面接に挑むことが重要になります。

 

フリーターといえば社会の底辺というイメージが強いのですが、実は転職市場においてはもっと下の存在がいるのです。それは無職です。無職というのは仕事をしていない人のことです。一方でフリーターはアルバイトなどであっても働いていますので無職よりも社会に貢献していることになります。「フリーターの経験なんて役に立たないよ!」などと言う人も一部にいるのですが、実際にははフリーターの経験は社会において大いに役立つことになるのです。

 

フリーターというのは無職を除くと社会の一番下の立場になりますので、上司からの理不尽な命令や劣悪な労働条件などに耐えながら単純業務をひたすら続ける仕事には慣れているのです。このような仕事はフリーターだけのものだと思われがちなのですが、最近ではどのような会社でも忍耐強さが要求される仕事が増えています。そのためフリーターの我慢強い性格を「会社の役に立つ」と積極的に評価する会社が多くなっているのです。

 

またフリーターの仕事内容が評価される場合もあります。例えば食品工場でアルバイトをしていた人であれば食品工場の具体的な衛生基準やライン作業の方法などについて詳しい経験や知識があるはずです。このような経験や知識は食品工場以外で働く場合にも役立つことが多いのです。

 

実際の面接などで「これまでフリーターとしてどのような仕事に就いていたのですか?」などと質問された場合には、自分がこれまでの仕事について自信を持って正直に面接官に伝えましょう。面接官に「会社のために使える人材だ」と判断してもらうことができれば採用の可能性が高くなります。フリーターの転職ではなかなか採用されることは難しいかもしれませんが、数打てば当たるというつもりでできるだけ数多くの面接に気軽にチャレンジしてみてください。