英語力を活かした転職に成功するための3つのポイントを紹介します

最近では英語が得意な人が増えていますので、英語力があっても転職は難しいと考えている人が多いようです。しかし実際にはちょっとしたポイントに注意すれば比較的簡単に転職先は見つかります。今回は英語力を活かして転職に成功するために重要な3つのポイントについて紹介します。

 

転職サイトを積極的に活用する

条件の良い求人を効率的に探すためには大手転職サイトが役立ちます。転職サイトには一般向けに公開されている求人と転職サイトに登録した限られた人だけに公開される非公開の求人の両方が登録されているのです。一般に公開されている求人だけをチェックしていても英語力を活かせる求人はなかなか見つからないかもしれません。実は英語力が活かせる優良な求人は非公開求人の中に多いのです。まずは転職サイトに自分のこれまでの経歴と英語力を証明できる資格などの情報を登録してみましょう。転職サイトに登録をすれば非公開求人を閲覧することができますし、またあなたの経歴や資格などに興味を持った企業からのアプローチを受けることができるかもしれません。

 

希望する業種などをある程度限定してみる

転職サイトに登録する場合には希望する職種などを選ぶこともできます。英語力にある程度の自信があってそれを活用したいという人の場合には、職種などをある程度限定することで希望する仕事が見つかりやすくなるかもしれません。例えば外資系の企業などでは常時英語力の高い求人を募集しています。TOEIC700点以上の英語力が必要になりますが条件を満たす人であれば比較的簡単に正社員の仕事を見つけることができるはずです。またそれ以下の英語力であっても日常会話に困らない程度であれば様々な求人がありますので根気よく探してみましょう。例えば貿易関係の仕事などでは英語の書類を翻訳する機会が多いですから英語力があれば高く評価されることになります。

 

外資系企業などの面接では積極的に自分をアピールする

世界の国にはそれぞれ特有の文化があるのですが、会社の場合でも外資系企業には日本の企業とは異なる文化があるようです。外資系企業などの面接では自分を積極的にアピールすることが重要になります。日本人特有の遠慮や謙遜などはかえってマイナスに評価されてしまいます。積極的に自分の経歴や能力などをアピールすることが外資系企業では高く評価されるのです。