第二新卒の時期は転職の大きなチャンスです

第二新卒とは社会人になってから1年から3年程度の人を指す言葉です。第二新卒は転職を行うためにはチャンスの時期になります。今回は第二新卒が転職のために有利となる3つの理由を紹介したいと思います。

 

第二新卒は現在企業が最も求めている人材

企業は営利を目的とした団体ですので、できれば費用をかけずに利益を獲得したいと考えています。そのため第二新卒の採用に力を入れる企業の数が増えているのです。第二新卒の場合には既に社会人としての経験がありますので、営業の基礎や事務の基礎などの新人教育の必要がありません。新人教育のための費用を節約して低コストで即戦力としての働きを期待することができますし、また年齢が若いため給料の額も抑えることができます。第二新卒は企業にとっては「都合のいい」人材だといえるのです。

 

終身雇用制度が期待できなくなっています

かつての日本では終身雇用制度が定着していましたので、一度就職した会社で真面目に働けば将来はある程度の地位や給料などが保証されていました。また転職についてはネガティブなイメージが強く、簡単に転職をする人は忍耐力が足りないとしてマイナスに評価されることが多かったのです。しかし現在では終身雇用制度が崩壊しつつありますので、真面目に働いたからといって確実な将来が保証されているわけではないのです。また40代や50代でリストラされて再就職のために苦労しているという人も増えています。現在の仕事に疑問を感じているのであれば第二新卒の若くて有利な時期に転職を検討したほうが賢明だといえるのです。

 

転職は思ったよりも簡単です

転職を希望する人には転職サイトの活用をおすすめします。転職サイトにあなたの経歴や希望する条件などを登録すれば様々な求人を検索することができるのです。特に第二新卒であれば多くの企業が求人を行っていますので希望に合った求人が簡単に見つかるはずです。転職をぜひとも積極的に検討してみてください。。